切手の買取査定で少しでも高額で売る方法、おすすめの買取業者などをご紹介!普通切手はもちろん、記念切手や中国切手などをお持ちの方は是非!

切手買取マスター

東海道五十三次の特徴と買取相場は?

切手趣味週間に次ぐ記念切手として人気のある国際文通週間、その中でも初期に発行された5種類の東海道五十三次の切手、すなわち京師、桑名、蒲原、箱根、日本橋は広重の浮世絵を元にした美しい絵柄で人気が高く、高値で取り引きされています。

原画について

江戸時代に制定された5街道の一つである東海道の53の宿場と出発点の日本橋、到着点の京都(京師)を併せて55の絵が版画で描かれています。
原画を描いた絵師は、歌川(安藤)広重で、多色刷りの版画です。広重は江戸末期の天保年間に主に風景画の絵師ととして活躍しました。

『東海道五十三次』のほかには『木曽街道六十九次』、『名所江戸百景』などが有名です。
『東海道五十三次』は広重が江戸を出発し京都に上洛した際に見聞した風景を元にして製作され、版元の保永堂から世の中に出て好評を博したものです。
広重の作風は、画面の中心に大きく対象を捕らえたことと、画題となったシーンが当時の庶民の暮らしを描き出しており、いかにも身近に感じられるようだったことが大衆に大いに受け入れられた理由と考えられます。

切手について

55枚もある広重の東海道五十三次ですが、このすべてが切手になっているわけではありません。

切手が発行された初期には次の5枚が選ばれて切手のデザイン化されました。

「日本橋」(1962年)はこのほかにも「江戸出立」の図柄もありますが、切手のデザインにされたのは、「朝之景」のほうでした。

江戸を出立する大名行列の毛槍が大きく目を引きます。当時日本橋にあった魚河岸で仕入れた魚を売りに行く魚屋の姿も描かれています。
「箱根」(1961年)は山が大きくデフォルメされていて見る者の目を圧迫します。
「蒲原」(1960年)は極彩色の浮世絵が多い中で、モノクロの画面に人物だけが彩色されていて、雪の中に人物が浮き上がって見える効果となっています。
焼き蛤で名高い「桑名」(1959年)は宮宿から桑名宿の間の七里の渡し舟が画面いっぱいに描かれています。
「京師」(1958年)は東海道の京都側の終点、三条大橋が描かれています。

ここでは、江戸を出立した旅人が道中各宿場に立ち寄って京都に着くまでの順番で紹介しましたが、切手は逆に京都から東海道を下る順で発行されています。

切手の特徴

1957(昭和32)年にカナダのオタワで開催された第14回万国郵便大会議において「世界の人々が文通を通してお互いに理解を深め、世界平和に貢献しよう」という趣旨に基づいて、万国郵便連合(UPU)の結成日10月9日を含む1週間が国際文通週間に設定されました。

国際文通週間の記念切手は翌年の1958年から毎年秋に発行されています。額面は国際郵便に対応する料金であり、初年度の1958年は24円、翌年からは30円、最終年の1962年は40円になっています。1シートは20枚構成で、印面寸法は縦28mm、横38.5mmの横長です。

国際文通週間の切手はこれ以後も毎年発行されていますが、サイズは微妙に変化があります。
実は2013年からも広重の東海道五十三次の図案が使われており、2017年度の国際文通週間のデザインのうち3種、90円(府中)、110円(御油)、130円(島田)の切手に東海道五十三次が使われています。

東海道五十三次の切手の販売価格は?

国際文通週間の記念として発行された東海道五十三次の切手の中でも初期に発行された5枚は特に価値が高く、日本郵便趣味協会のホームページによると、

バラ切手1枚での価格

京師の販売価格 150円
桑名の販売価格 950円
蒲原の販売価格 1,400円
箱根の販売価格 600円
日本橋の販売価格 600円

となっています。もちろんこれはカタログ価格ですから、中古品で購入する場合は、これよりも1~2割程安い金額で購入することができます。

東海道五十三次の買取相場は?

ある業者によると次のなっています。もちろん業者や状態によっても大きく違いますので、おおよその買取価格として、参考にして頂ければと思います。

バラ切手の買取相場

京師の買取相場 24円
桑名の買取相場 100円
蒲原の買取相場 300円
箱根の買取相場 100円
日本橋の買取相場 100~300円

シートでの買取相場

京師の買取相場 1000円
桑名の買取相場 10000円
蒲原の買取相場 20000円
箱根の買取相場 20000円~
日本橋の買取相場 20000円~50000円

東海道五十三次を売るのにおすすめの切手買取業者ランキング

東海道五十三次を高く売るなら、業者選びは非常に重要です。

このようなプレミア切手を高く買取してもらうには、切手に特化した出張買取業者がおすすめ。

そんな出張買取業者の中でも、東海道五十三次シリーズの買取を強化しているおすすめの買取業者をランキングでご紹介します。

バイセル (旧:スピード買取.jp)

バイセル

株式会社BuySell Technologiesが運営している、ネット型リユース事業の会社です。 坂上忍さんのCMでご覧になった方も多いのではないでしょうか?? 出張・宅配買取の最大手企業で、業績を伸ばしています。 切手以外にも、着物や古銭、骨董品、ブランド、時計、金など様々な商品を取り扱っていますが、 なかでも切手の買取は評判がよく、圧倒的な高価買取を実現しています。 高価買取の理由は、業界内トップの販売チャネルの数を持っているので、 買取した切手をまた販売する力があり、そのため高価買取が可能となっているのです。 また、出張査定の際に他の品物も買取してこようとする押し買いなどは一切なく、クーリングオフなどについても申込みの電話の時点で丁寧に説明してくれるので、 初めての方でも安心して利用することができます。 当サイトでは最もおすすめな切手買取業者としてランキング1位とさせていただきます。

買取条件 特になし
査定方法 ・出張買取
・宅配
・持ち込み
入金方法 出張買取は即日現金
宅配の場合は後日銀行振込
おすすめ度

買取プレミアム

買取プレミアム

大手買取サイト、買取プレミアムです。
徹底的な無店舗経営で、経営コストを最小限に抑え、他店よりも高額買取を実現しているのが特徴です。

買取プレミアムでは、切手の査定士が日々査定に関する勉強会を行っており、その鑑定眼の良さにも定評があります。
プレミア切手や中国切手、古切手も安心して査定に出すことができます。

買取の方法は主に全国出張訪問による買取査定がメイン。
また宅配や持ち込みでの買取も可能です。

お申込みはフォームに必要事項を記入するだけ。
その後業者から連絡が来て、最短30分で自宅まで出張買取に来てくれます。
(全国どこでも出張可能、査定料金は無料です。)

大量の切手のコレクションがある方はお店に持ち込むのは手間がかかるので、出張や郵送なら簡単、安心です。

査定終了後、査定金額に納得すればその場で即日現金受け渡しです。
宅配の場合のみ、後日銀行振込になります。

査定額、簡単さ、スピードなどどれをとっても個人的にもおすすめな切手買取業者です。

買取条件 特になし
査定方法 ・出張買取
・宅配
・持ち込み
入金方法 出張買取は即日現金
宅配の場合は後日銀行振込
おすすめ度

福ちゃん

福ちゃん

株式会社REGATEが運営する、買取業者です。

「どこよりも高く買取る自信があります!」と大きく謳っていますね。
実際に買取金額の高さにも定評があります。

実際の買取実績例もサイト上で数多く紹介されていますので、参考になりやすいです。
プレミア切手や中国切手をお持ちの方は、是非福ちゃんで買取相場をチェックしてみてください。

また、電話対応を行う受付の人の名前がサイト上に記載されています。
それもあってか、対応の良さも非常に良いです。

福ちゃんも、出張、宅配、店頭持込を選ぶことができます。
出張も宅配も全て無料なので、おすすめは出張査定ですね。

買取条件 特になし
査定方法 ・出張買取
・宅配
・持ち込み
入金方法 出張買取は即日現金
宅配の場合は後日銀行振込
おすすめ度

投稿日:

Copyright© 切手買取マスター , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.